Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://diyrenovation.blog35.fc2.com/tb.php/18-d7c82b63

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

DIY外壁塗装の概要

おじさんちは、築10年の中古を購入したのですが、コレまでにリフォームした形跡は全くありません。ですので見た目もそれなりにで、週末となると飛び込みリフォーム業者のターゲットと化しています。

今回のDIYで外壁塗装を行なうのに当たっておじさんが手をつける場所を紹介したいと思います。

RIMG0301.jpg

写真はおじさんちなのですが、手を入れる場所は主に3ポイント
1.外壁
コレがメインです。外壁の痛み具合はというと
RIMG0080.jpg
粉を吹いている、チョーキング。外壁表面の塗膜が痛んでいます。塗膜が通常は水をはじくのですが、この状態では水を吸ってしまい外壁保護の役割を果たしていません。コレを解決するには、上から新しい塗料で塗装してやる必要があります。

RIMG0079.jpg
外壁の上にある、ひび割れ。ケーブルテレビのケーブルを取付け部なのですが、下穴を開けずにねじ止めしたせいか、ねじ穴の左右にしっかりとひびが入っています。ここが一番目立つひび割れで、南面にも3カ所ほど目立つひび割れがありました。ここは、パテで補修する必要があります。

ひび割れをパテで補修してから、塗装の工程になります。

2.目地
目地とは、外壁に使われている板と板の間にあるぶよぶよのゴムの部分。一番上の写真での矢印の縦に走っている線になります。1カ所だけでなく縦線はたくさんあります。板と板の間をコーキング材またはシーリング材(今後はこーキング材で統一)と呼ばれるモノで埋められています。これがどうなっているのかという
RIMG0093.jpg
板からはがれている箇所が多く見られます。特に日当たりの良い南面と1階と2階の間にある横向きの目地に多くのはがれや割れが見られます。他の所は目地の上に塗られている塗料の割れがあるものの、目地自体の割れはありませんでした。少しへこんだりして痩せているように見える箇所があるくらいでした。コレを直すには、目地のをはがし、新しいコーキング材で埋めてやる必要があります。目地の交換を打ち替ええといいます。最初は部分的にと考えていたのですが、せっかくやるなら、全面やることにしました。

3.雨樋
塩ビの雨樋なのですが、黒いのが白あせているのでコレも塗ることにします。

塗装する箇所はこの3つがメインになります。本当は屋根の塗装もしたかったのですが、家族の反対もあり断念です。知り合いが屋根に上っていて落ちて大けがをした経験があるモノで、いくら足場を組んでも駄目と。

足場を3月末に組み現在、写真の右半分側で行程確認をしています。4月15日現在、二階の右半分は2度塗りを実施、一階右半分は1度塗りまで終わりました。作業の段取り、どれくらい時間が掛かるかなどが分かったのでGWへ向けて、作業順序をこれから考えていきます。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://diyrenovation.blog35.fc2.com/tb.php/18-d7c82b63

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ありおやじ

Author:ありおやじ
30代半ばの会社員のありおやじです。1年半前に購入した我が家のリフォーム(補修)を自分でしています。外壁塗装をDIYで挑戦中です。

検索フォーム

おすすめ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。