Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://diyrenovation.blog35.fc2.com/tb.php/28-7e232545

トラックバック

コメント

[C2] こんばんは

はじめまして、こんばんは、蒼珍です。
ご訪問ありがとうございます。
カメラ壊れてしまったのは痛いですね。
私のブログは、携帯で撮ってます。
だから、画質悪いでしょ。(笑)
下処理って、地味な作業ですけど、ここの手を
抜いちゃ、自分で塗る意味が無いので、
頑張っています。
屋根の塗料は決めましたが、まだ、塗料店
も決まっていませんし、他に塗る塗料も
思案中。
先は長いと思いますが、お互いに頑張りましょう。
また、訪問させていただきますm(_"_)m

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

海の向こう側では

久しぶりのエントリーになります。
中国に出張で、本来なら5月中旬に帰国予定だったのですが、渡航した瞬間に新型インフルエンザが日本国内で流行りだしたおかげもあり、中国への入国が厳しくなるとの観測もあり現地での出社翌日に延長が決定。その後、渡航制限などが想定していたほど厳しくないとのことから、延長は解除されたのですが、その後はオトナノ事情によりさらなる延長、帰ってきたら6月を過ぎてしまっていた次第です。

肝心の作業の方はというと、休みの日にせっせと目地の打ち替え作業をしています。2階部分は完了し、1階部分の北側のみがまだ残っている状態です。
_MG_7311.jpg

2階部分は茶色になる予定なのでコーキング材の色もアンバーで打ち替えています。今週末に完了できればと思っています。作業中の写真を撮りたかったのですが、中国でマイカメラを現地スタッフに破壊されてしまい現在、修理見積もり中とついていない次第です。

帰国後これといった写真もなく、作業も未だ目地の打ち替え中なので、我が家のリフォームではありませんが、せっかく中国へ行ってきたので、外壁塗装に少しは関係のあるモノを紹介したいと思います。

中国での建築工事現場の現場に行くと決まって使われるのが
RIMG0306.jpg
竹の山。建築現場、工事現場、改築工事現場、あらゆるところで見ます。

これを何に使うのかというと、足場を組むために使われます。実際にどのように組まれているかというと、看板の交換や外壁の補修工事だと
IMG_2629.jpg
建物の前に、網状に竹組み、はしごのようにしています。足場というより全面はしごといった感じです。

改築工事だと
RIMG0307.jpg
単管パイプと竹のハイブリッド状態の足場です。強度が必要とされる所はパイプで、足場は竹が敷き詰められています。2階建ての高さの低い建物だとハイブリッドではなく、オール竹製足場が使われています。勤務先の工場の倉庫などの建築現場ではオール竹足場でした。

竹製だけあって近くを通るとギイギイ音がします。2年前からの進化といえばやはり、ハイブリッド化。2年前は、写真くらいの雑居ビル程度ならオール竹製ばかりだったような気がします。

とはいえ、くさび式足場をレンタルしているおじさんからすればどちらの足場も怖くてとても使えそうにありません。日本へ帰ってきて我が家の回りに組まれた足場を見ると、日本人で良かった、やっぱ日本がいいなぁなんて思ってしまいます。

ちなみに、中国の建物はというと
RIMG0272-1.jpg
鉄筋コンクリートの柱に、煉瓦を積み上げて壁を作るという、計算もなにもされていない作りの建物が主流です。窓も壁を作ってから穴を開けるといった具合で、事後処理的な作業が非常に多く見られます。壁には鉄筋などの構造物なんてモノは無く、煉瓦だけなので強度なんてありません。2階建て以上の建物で床を作る場合も、ホームセンターで売っているような鉄筋の枠を床に敷き、1階部分から足場で底板を支えコンクリートを流し込むといった感じです。柱や床には鉄筋が入っているモノの、鉄筋の割合がどう見ても少なく、床厚も薄いといった具合に、日本では考えられない構造です。地震が来ればイッパツアウトなのは素人目でもわかります。四川省の大地震がすごく巨大な地震のように伝えられますが、このような建物が主流の国なので、中国を知っている人から見るとそんなにすごい地震というより、建物がだめなのではという思いの方が大きいです。工事の品質はとなると、こんな状態なので何とも言えませんが、工事が完了すると見た目だけは立派な建物になります。ただ、持続期間はきわめて短いモノです。

ながながと書いてきましたが、残された、目地の打ち替え作業を完了し、早く塗装に入りたいモノです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://diyrenovation.blog35.fc2.com/tb.php/28-7e232545

トラックバック

コメント

[C2] こんばんは

はじめまして、こんばんは、蒼珍です。
ご訪問ありがとうございます。
カメラ壊れてしまったのは痛いですね。
私のブログは、携帯で撮ってます。
だから、画質悪いでしょ。(笑)
下処理って、地味な作業ですけど、ここの手を
抜いちゃ、自分で塗る意味が無いので、
頑張っています。
屋根の塗料は決めましたが、まだ、塗料店
も決まっていませんし、他に塗る塗料も
思案中。
先は長いと思いますが、お互いに頑張りましょう。
また、訪問させていただきますm(_"_)m

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ありおやじ

Author:ありおやじ
30代半ばの会社員のありおやじです。1年半前に購入した我が家のリフォーム(補修)を自分でしています。外壁塗装をDIYで挑戦中です。

検索フォーム

おすすめ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。