Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://diyrenovation.blog35.fc2.com/tb.php/35-2e830d2b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

作業は進んでいます

ブログの更新が遅れに遅れてしまいました。前回のエントリーの時には2階部分を終わらせるということで作業に取りかかり1日目の内容で終わってしまいました。

その後から現在はというと、2階部分が終わり1階部分にさしかかっています。

当時の進捗状況はというと
SBSH0054.jpg

こんな感じで塗っていました。今では白い昔の部分は完全になくなっています。
目地だけ先に塗っていますが、目地を終わらせたのは中国へ行く前。1ヶ月以上経っています。コーキング材は、セメダインのPOSシールLMを使っているのですが、施工後1週間以内に目地を塗布する必要があります。でないと塗料との密着性が急激に落ちるとのことで。

1週間という制限。なんでかは、変成シリコーンの表層の反応が1週間で完全に終わってしまうので、表層が不活性な状態になります。活性状態だと塗料とシリコーンが反応して接着力を上げるのですが不活性状態になると、塗料がのることはのるのですが、化学反応が無いため弱くなってしまうのではとなにげに推測しています。一応職場は化学系なもので。

ということで、1週間以上時間が経っているので対策を打っています。こういう場合はバリアプライマとか逆プライマという可塑防止用のプライマ(接着剤)を塗ると事でおじさんも実は使っています。

ブリードオフプライマ
使ったのはニッペのブリードオフプライマー 0.5kg 可塑剤移行防止シーラーです。2液硬化型のプライマになります。本来は可塑剤のにじみ防止(ブリード)を防止するために、緻密な膜を作りにじみ出てくる可塑剤防止するために塗るのですが、低モジュラスタイプのコーキング剤はにじみ(ブリード)がでにくいまたはでないタイプなので本来はいらないとのこと。でも今回は、密着性をあげるために純粋に接着剤として使用しました。

使ってみた感想は、塗りにくい、かなりぱりぱり(硬い)といった感じで大丈夫?と思ってしまう代物です。おまけに色が白いので、せっかく塗料にあわせてコーキング材もアンバー(焦げ茶)も上から白く塗ってしまう羽目になりました。とはいえ、足場を取ったらまず作業できないので、確実な処理を優先します。塗ったあとは目地だけ急いで塗りました。コレは何度も目地だけ塗って厚膜化してやりたくなってきます。

後から気がついたのですが、ブリードオフプライマー よりも逆プライマの方が良かったような気もしています。スズカラフトン逆プライマーは可撓性に富んだと書かれていて、ブリードオフプライマには大きな動きのある目地には使用しないでくださいと書いてあるではありませんか。低モジュラスタイプだったら逆プライマのほうがいいのかもしれません。ただ説明のところに低モジュラスタイプには必要ありませんと書いてあったので、スルーしてしまいました。接着剤と割り切るならこっちにしておけば良かったと後々後悔しています。2階部分で使用しても、まだしっかり残っているので逆プライマを試す機会はなさそうです。

1階部分も同様に進めますが、足場が無くても脚立で何とかなる場所は、ちょいと遊んでみたいと思います。ブリードオフプライマもいいのですが、コーキング材のプライマを塗ってみようかと思います。実験結果はまた後ほど書きたいと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://diyrenovation.blog35.fc2.com/tb.php/35-2e830d2b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ありおやじ

Author:ありおやじ
30代半ばの会社員のありおやじです。1年半前に購入した我が家のリフォーム(補修)を自分でしています。外壁塗装をDIYで挑戦中です。

検索フォーム

おすすめ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。